【失恋映画】失恋の悲しみを元気に変えてくれる映画「ホリディ(The Holiday)」

失恋 映画

失恋をすると何もやる気が起きません。

私もそういう時期があり、映画ならボーッと見れると思い失恋をテーマにした映画を探しました。

そんな時見つけたのが「ホリディ(The Holiday)」という恋愛コメディ映画です。

失恋をした2人の女性が環境を変えたいと、“ホーム・エクスチェンジ”という休暇中に住まいを交換するというサイトを利用するところから物語が始まります。

それから、お互いの滞在先で様々なドラマが巻き起こるのですが…。

ストーリーのテンポが良く、最後まで飽きずに見ることができて面白かったです!

見終わった後は元気が出る映画でした!

主演のキャメロン・ディアスやジュード・ロウもカッコいい。笑

今回は失恋の悲しみを元気に変えてくれる映画「ホリディ(The Holiday)」を紹介します!

ホリディのおすすめポイント

  1. 失恋をきっかけに幸せになっていく気分が上がる映画!
  2. テンポ良く展開が進み、一気に見ても飽きない!
  3. キャメロン・ディアスやジュード・ロウが素敵すぎる!

ホリディの評判

ホリディはこんな人におすすめ!

  • 失恋して気分が落ち込んでいる人
  • 元気が出る映画を見たい人
  • コメディ要素があるラブストーリーが好きな人
  • キャメロン・ディアスやジュード・ロウのファン

ホリディの詳細データ

ロサンゼルスで映画の予告編制作会社を経営するアマンダは恋人に浮気され、彼を家から追い出した。
ロンドンの新聞社に勤めるアイリスは、元恋人に婚約発表をされて失意のどん底に。
傷心の2人はインターネットの”ホーム・エクスチェンジ”というサイトに出会い、お互いの家を交換して相手の家具や車を自由に使えるという休暇を過ごすことにした。全く違う環境で2週間のクリスマス休暇に入った2人・・・。
やがて、ロスのアイリスは、作曲家のマイルズと、ロンドンのアマンダはアイリスの兄グラハムと出会い、思いもかけないラブ・ストーリー。
(Amazonより)

“失恋は幸せをつかむきっかけ”と思わせてくれる映画

「ホリディ」は失恋した2人の女性が“ホーム・エクスチェンジ”のサイトをきっかけに幸せになる見ていてハッピーな気分になる映画です。

ホーム・エクスチェンジは“休暇中に一定期間、お互いの家を交換する”というもので、日本では馴染みがないかもしれませんね。

ロンドンに住むアイリス(ケイト・ウィンスレット)と、ロサンゼルスに住むアマンダ(キャメロン・ディアス)がサイトを通してホーム・エクスチェンジすることに意気投合。

それぞれの行った先で新しい人達に出会い、悩みながらも素敵な恋を見つけるお話です。

登場人物がケイト・ウィンスレット、キャメロン・ディアス、ジュード・ロウ、ジャック・ブラックという豪華なメンバー。

それぞれ個性があって面白いですね!

ストーリー展開もテンポが良く話が進んでいくので、見ていて飽きません。あっという間の2時間です。

映画自体も面白いので失恋の辛さを忘れることができるのですが、さらに個人的に見て良かったと思ったのは「失恋することはよくある話。特別なことではない」ということですね。

この映画を見る前まで私は「世界で1番不幸な失恋をした」というくらいの気持ちでした。大げさかもしれませんが、失恋して落ち込んでいる時の気持ちはそんなものです。

しかし、登場人物はもれなく全員失恋しています。笑

この映画を見ることで、「失恋は誰にでも起こるもの。特別なことでも珍しいことでもない」と思い、気が楽になりました。

さらにこの映画は失恋をきっかけにそれぞれが幸せになっていきます。

もちろんフィクションのお話ですが、誰でも失恋から立ち直るということができると思わせてくれるので、見ていて元気が出ました!

コメディ要素もあるので最後まで楽しんで見ることができました。

失恋して何もヤル気がおきない人や、つい辛いことを考えてしまってクヨクヨしている人に見て欲しい映画です。

コメント