【失恋映画】次の恋愛へ踏み出したい人へ。失恋映画おすすめまとめランキングベスト5!

失恋映画

失恋した後はテレビのバラエティ番組を見ても虚しく感じます。

それは、どこか遠い世界のことに感じられます。

ボーッと流れる映像を見ても心が癒やされることはありません。

そんな時は失恋をテーマにした映画がおすすめです。

失恋映画は見るだけで心が癒やされます。

さらに次の恋愛に一歩踏み出すためのエネルギーをもらえます。

失恋映画と言っても純愛ものやコメディタッチのものまで様々です。

改めて恋愛を噛み締めたい人は「きみに読む物語」などの純愛もの、笑って元気を出したい人は「ホリディ」などのコメディ要素がある映画が良いでしょう。

今回は失恋映画おすすめまとめランキングベスト5!についてご紹介します。

失恋映画のおすすめ1、きみに読む物語

療養生活を送る老婦人(ジーナ・ローランズ)の元に、足繁く通う老人(ジェームズ・ガーナー)が、物語を読み聞かせる。
それは、1940年の夏、南部の小さな町で始まる物語。休暇を過ごしに都会からやって来た17歳の令嬢・アリー(レイチェル・マクアダムス)は、地元の製材所で働く青年ノア(ライアン・ゴズリング)と出逢い、恋に落ちる。
けれど、娘の将来を案じる両親に交際を阻まれ、都会へ連れ戻されてしまう。 ノアは365日毎日手紙を書くが、一通の返信もないまま、やがて、第2次世界大戦が始まる…。
(Amazonより)

失恋映画のおすすめ2、ホリデイ

ロサンゼルスで映画の予告編制作会社を経営するアマンダは恋人に浮気され、彼を家から追い出した。
ロンドンの新聞社に勤めるアイリスは、元恋人に婚約発表をされて失意のどん底に。傷心の2人はインターネットの”ホーム・エクスチェンジ”というサイトに出会い、お互いの家を交換して相手の家具や車を自由に使えるという休暇を過ごすことにした。全く違う環境で2週間のクリスマス休暇に入った2人・・・。
やがて、ロスのアイリスは、作曲家のマイルズと、ロンドンのアマンダはアイリスの兄グラハムと出会い、思いもかけないラブ・ストーリー。
(Amazonより)

失恋映画のおすすめ3、マイ・ブルーベリー・ナイツ

ニューヨーク。失恋したエリザベスは、彼の家の向かいにあるカフェに出入りするようになる。
毎晩ブルーベリー・パイを残しておいてくれるカフェのオーナー、ジェレミー。彼と交わす会話に、心が慰められるエリザベスだったが、二人の距離が縮まったかに見えたある日、失恋相手が新しい恋人といるところを見てしまい、突然ニューヨークから遠い旅へ出る。
失恋から57日、1,120マイル、メンフィス。別れた妻への愛を断ち切れず、アルコール中毒になった男と、その元妻に出会う。失恋から251日、5,603マイル、ラスベガス。
人を信じないことを信念とする若くて美しいギャンブラーに出会い、旅をともにする。出会った人々の人生と、自分の人生を照らし合わせて、エリザベスは思う。
「人を愛し、信じることっていったい何なんだろう・・・」それを真っ先に伝えたい相手がジェレミーだった。
(Amazonより)

失恋映画のおすすめ4、エターナルサンシャイン

恋人同士だったジョエルとクレメンタインは、バレンタインの直前に別れてしまう。
そんなある日、ジョエルのもとに不思議な手紙が届く。
「クレメンタインはあなたの記憶をすべて消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないようにー」。
自分は仲直りしようと思っていたのに、さっさと記憶を消去してしまった彼女にショックを受けるジョエル。彼はその手紙を送り付けてきた、ラクーナ医院の門を叩く・・・
(Amazonより)

失恋映画のおすすめ5、トスカーナの休日

サンフランシスコで作家として活躍するフランシス(ダイアン・レイン)は、離婚によって幸せな家庭と住み慣れた家を失った。
孤独に打ちひしがれる彼女を励まそうと、親友のパティが10日間のトスカーナ旅行をプレゼントする。
気乗りしないままトスカーナへやってきたフランシスを待っていたのは、イタリアの輝く太陽と、【運命の出会い】―それは丘の上の町で見つけた“ブラマソーレ(太陽に焦がれる者)”という名を持つ荒れ果てた売り家だった。
その家に強く惹かれ、衝動買いをしてしまったフランシスは、家屋の修復にのめり込むうちに、トスカーナの住人としてこの土地に溶け込んでいく。
ユニークで愛すべき隣人たち、絵のように美しい風景、心まで満腹にするスロー・フード…そんなイタリア的ライフ・スタイルは、次第にフランシスの心を癒していくのだった。
そして、女性として再び輝き始めたフランシスは、この“ブラマソーレ”で、新しい愛、本物の家族に恵まれることを望みながら、自分らしい“幸せ”に向かって歩き出す…。
(Amazonより)

コメント